激安不動産でボロ儲けできるって本当?

激安不動産でボロ儲けできるって本当?_アイキャッチ

安く買って高く売るのが資産運用で利益を得るために欠かせないポイントだが、特に固定資産である不動産はその傾向が強い。立地条件や築年数、戸建てか集合住宅かなど、様々な条件によって値決めがされる不動産だが、イレギュラーな要素によって市場価格よりもはるかに安い「激安不動産」が生じることがある。激安不動産は本当に儲かるのか?今回は激安不動産について見てみよう。

激安不動産が生じる仕組み

そもそも激安不動産とはなにか。一言で言ってしまえば、「本来の価格よりも何らかの理由で安い値段が付けられた不動産」のことである。
価格が安くなる理由は実に様々なものがあるが、代表的なものとしては、

  • 建物そのものの老朽化
  • 入居者(居住者)のトラブル
  • 周辺環境のトラブル

などがあげられる。特に近年では、独居老人や独身世帯の増加により孤独死などの事故物件が増加傾向にある。事故物件は数回の入居があれば公表する必要がなくなるため、価格を相場よりも引き下げて入居をうながす傾向がある。また、長引く景気低迷により債務整理や取り立てなどにより競売に掛けられた不動産も相場よりも安くなる。特に官公庁などの主催するオークションは、差し押さえ対象となった出物の不動産がかなりの確率で出品されるため、要注目と言える。

激安不動産でどうやって利益を得るのか

このように様々な原因で発生する激安不動産だが、手にした不動産をどのように活かして利益を狙うのか。もっとも手軽で確実な方法としては、リフォームののち賃貸という手段だ。特に交通の便が良く、都市部にアクセス容易な土地の物件であれば、購入価格とリフォーム費用を含めた取得経費を返してお釣りが来るくらいの収入は簡単に期待できる。また、一定期間を賃貸に充てたあとに売却したり、購入とリフォームののち即座に売却するなど、売却を前提にすると一括した現金収入が期待できる。特に自然環境が厳しい豪雪地帯などの過疎地であれば、季節の変わり目に投げ売りが発生しやすく、投げ売りされた不動産を購入してリフォーム・売却することでより大きな利益を期待できる。

激安不動産で目指す利回りは

不動産投資信託では数%、通常の不動産投資でも良くて10%程度の利回りだが、激安不動産投資ではより高い利回りを狙った取引をおこなう。その利回りは最低でも10%台後半、ある程度場数をこなして狙い目がわかるようになれば20%から30%も夢ではない高利回りだ。

激安不動産で気をつけるべきポイントとは

このように高利回りを目指す激安不動産だが、実際の投資ではどのような点に気をつけるべきなのか。不動産投資である以上、需要と供給のバランスを調べることは欠かせない。相場よりも安い激安不動産であっても需要がない不動産であれば資産ではなく負債になるだけだ。安定した資金運用のためにも、激安不動産の中でも一定程度の需要があるものを選ぶ必要はある。また、激安不動産を賃貸に回すのであれば、入居者からのクレームが激増することも覚悟が必要だ。
「できるだけ安く住みたい」という考えを持つ以上、誰も彼もが紳士的にふるまうとは言えず、難癖のようなクレームをつけられることは覚悟しておくべきだ。もちろん、激安不動産である以上、「激安ですから」の一言で切って捨ててもよいが、そうなるとこじれてトラブルになる可能性も小さくはない。転売目的ならともかく、賃貸なら通常の物件に比べてリスクが高いことには十分に留意した上で取引をするようにしよう。

おわりに

高い利回りの期待できる不動産投資の中でも飛びぬけて高い利回りを期待できるのが激安不動産の魅力だが、それだけ大きなリスクをはらんでいる投資方法でもある。
他の投資方法でも同じことだが、激安不動産投資では様々なリスクを気をつけた投資をする必要があると言えるだろう。

The following two tabs change content below.
勝負師になるための投資法

勝負師になるための投資法

ただ投資するだけで本当にいいのか?もっと大きなリターンを得るためには何をすればいい?そんな声にお答えする「勝負師になるための投資法」 明日から投資するスタイルをガラリと変え、新しい領域へチャレンジしてみませんか?